Why?Why?Why?

アラフォーママが日々の暮らしの中で感じる疑問をブログにしています

シャーメゾンの1LDK賃貸アパートに1年間住んでみた感想!シャーメゾンの評判と軽量鉄骨の防音性について

シャーメゾンの1LDK賃貸アパートに1年間住んでみた感想!シャーメゾンの評判と軽量鉄骨の防音性について

シャーメゾンと言えば、あの大手ハウスメーカー・積水ハウスの賃貸住宅として有名ですが、ほかの賃貸アパートと比べると何となくお高いイメージがありませんか?

実際に賃料が割高なのは確かですが、シャーメゾンは軽量鉄骨の賃貸住宅なので防音性に優れているというメリットが。

賃貸物件に住んでいると誰もが一度は経験する騒音問題や騒音トラブルも、防音効果が高いシャーメゾンでは回避することが可能かもしれません。

この記事では、シャーメゾンの評判が気になっている方に向けて、軽量鉄骨の防音性は本当に優れているのか、わたしがシャーメゾンの1LDK賃貸アパートに1年間住んでみた感想をお伝えします!

シャーメゾンとは

疑問

シャーメゾンの賃貸住宅についてその評判を調べている方にとって、「シャーメゾンとは」などと改めて説明する必要はないかと思いますが、もしかしたら「そもそもシャーメゾンとは?」という方もなかにはいるかもしれないので一応確認しておきますね。

シャーメゾンとは、積水ハウスが施工を行っている賃貸住宅で、一般的な戸建住宅と同じような品質と快適な住み心地を提供している賃貸物件のことをいいます。

よくある賃貸物件の場合、戸建住宅と比べて資材や設備の品質があまり良くなかったり、内装や間取りにもそれほどこだわりが表れていなかったりしますが、積水ハウスが提供しているシャーメゾンはほかの賃貸物件とはひと味もふた味も違い、高品質・高性能なのが特徴です。

なかでも特徴的なのが軽量鉄骨で施工されているという点になります。

シャーメゾンの軽量鉄骨は防音性が高い?

軽量鉄骨で施工されている賃貸住宅の良いところは、何と言ってもその防音性!

賃貸アパートに住んでいて一番気になるのは、やっぱり「音」の問題ではないでしょうか。

隣の部屋や上下階の部屋の物音、そして自分の部屋から発生する音にはどうしても敏感になってしまいますよね。

ご近所トラブルとして最も多いのが騒音問題とも言われているくらい、騒音についてのトラブルは結構多いもの。

住人ひとりひとりが気をつけていても、住宅性能の問題で音が響きやすかったり伝わりやすかったりする場合があるので注意が必要です。

そんな騒音問題や騒音トラブルをあらかじめ避けるためにも、これから住もうとしている賃貸物件がどういう資材を使っていてどういう構造になっているのか、しっかり調べておく必要があります。

シャーメゾンの場合は、軽量鉄骨で施工を行っている積水ハウスの賃貸住宅になるので、木造に比べて防音性が高く、「音」の問題を回避できる可能性が格段に高いのがメリット。

赤ちゃんがいたり小さい子どもがいたりすると、泣き声や走る・ジャンプするなどの音が気になるので、できるだけ周りに迷惑がかからないように防音性が高い賃貸物件を選びたいですよね。

そんな場合にもシャーメゾンの賃貸住宅はぴったりだと言えます。

実際にシャーメゾンの1LDK賃貸アパートに1年間住んでみた感想

妊娠中期頃にシャーメゾンの1LDK賃貸アパートに引っ越し、その後出産。新生児期から生後8か月になるまで約1年間住んでいました。

新生児期は泣き声こそそんなに大きくはないものの、2〜3時間おき、ひどいときには1時間おきぐらいにおっぱいを求めて泣くので、隣の部屋や下の部屋に響いていないか心配でした。

上の子どもたちが来たときも話し声や笑い声、足音が大きく、常にバタバタしている感じだったのもずっと気になっていて、しょっちゅう注意したり「しーっ!」と言ったりするのがストレスで…。

わたしが住んでいた部屋は2階の角部屋だったので、接している部屋は隣の一部屋と下の部屋の二部屋。

1階の部屋だったなら自分たちが出す足音に関してはそれほど気にしなくて済んだのかもしれませんが、2階だったのでより一層神経を使っていましたね。

そんなある日、ポストに1通の封筒が…。

シャーメゾンを管理している積和不動産からの手紙でした。

内容はというと、まさに気にしていた「音」に関することで、夜の9時から深夜1時頃にかけて毎晩のようにドンドンという足音のような音が響くという苦情が入ったということでした。

ですが、この手紙、わたしの部屋だけでなくほかの部屋にも投函されているようで、同じ封筒がほかの部屋のドアポストにも差し込まれていたのです。

苦情を申し立てた住人が誰かは書かれておらず、どの部屋の住人あてに苦情が入ったのかも分かりません。

手紙の最後には「このような苦情があったので各自注意してくださるようお願いいたします」と添えられていました。

ですが、手紙に書かれていた夜9時から深夜1時頃の時間帯は0歳の娘が寝ている時間なので、足音はもちろん、なるべく生活音も出さないように静かに過ごしている時間帯です。

なので、その時間帯にわたしの部屋から騒音が出ているとはどうしても考えづらく、騒音の発生元は同じフロアのほかの部屋だったのかもしれません。

結局、この件に関しては何も分からずじまいですが、2階に住んでいて足音のような音が気になったことは一度もなかったので、おそらく1階に住んでいる人が真上の部屋の人に対して苦情を入れたのだと思われます。

つまり、軽量鉄骨のシャーメゾンであっても上階の足音を完全に防音できるわけではなく、スリッパを履いて静かに歩くなど「なるべく足音を立てないようにしよう!」という意識を持たなければ、苦情が出てしまうくらい普通に足音が聞こえるということなのでしょう。

(ここからはわたしの勝手な推測ですが、この件の騒音元は若いカップルが住んでいる部屋ではないかと…。毎晩のようにドンドンしているということは、そういうことではないのかな…??と思います。ただの足音なら、限られた時間だけ響いてくるはずはないですよね。あくまでも想像ですが)

わたしの部屋から出る生活音は、おそらくアパート内のどの部屋よりも大きかったのでは…?と思いますが、子どもたちの声がうるさいとか、赤ちゃんの泣き声がうるさいとか、そういった苦情は一切ありませんでした。

とはいえ、そういった騒音についての悩みがあったとしても、みんながみんな苦情を入れるわけではないですからね。

大抵の人は不満に思いながらもある程度までは我慢してしまうのではないでしょうか。

実は以前、わたしの部屋の隣の住人から駐車スペースについて些細なことで苦情を受けたことがあり、隣の住人は苦情を言えないタイプではなかったのですが、その人ですら「音」についての文句は全く言ってきませんでしたね。

なので、シャーメゾンの賃貸住宅は一定以上の防音性があるのではないかと思います。

シャーメゾンの評判が気になる方へ

わたしがシャーメゾンの1LDK賃貸アパートに1年間住んでみた感想は以上ですが、以前住んでいた木造アパートと比べると軽量鉄骨のシャーメゾンの防音性は格段に良いということが言えるのではないでしょうか。

シャーメゾンの評判についてネットで調べてみると、静かにしているときは隣や上下階のスマホの着信音、バイブ音などがわずかに聞こえてくることもあるようですが、話し声や生活音などは全く聞こえず、騒音問題や騒音トラブルになりにくい賃貸住宅になっていると感じます。

シャーメゾンの評判は決して悪くはないと思いますし、1年間住んでみた肌感覚としても防音性の面で優れていると思いました。

今思い出しましたが、脱衣所に設置した洗濯機の音が部屋のドアを閉めればほとんど気にならない程度になったのも驚いたことのひとつです。

木造アパートに住んでいて「音」が気になる方は、軽量鉄骨のシャーメゾンへの住み替えも検討してみるといいかもしれませんね!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top