みんなの妊娠出産育児

妊娠出産育児を楽しむ総合情報ブログ

化学流産後は妊娠しやすい?すぐに妊娠した人はいる?化学流産後の妊娠率を徹底調査!

化学流産後、半年以内の妊娠を「すぐに妊娠した」と表現するのは厳しいかもしれませんが、生理周期が整ったことで妊娠しやすくなった人もいるのかもしれませんね。

化学流産後の妊娠率は?妊娠しやすいとは言えない?

妊娠

化学流産後、翌月から半年以内に妊娠した人の妊活ボイスをご紹介しましたが、化学流産後の妊娠率は本当に高いと言えるのでしょうか?妊活中の女性の中には、化学流産後すぐには妊娠しなかった人ももちろんいるのです。

みんなの妊活ボイス
流産後は妊娠しやすいって産婦人科医には言われましたが、流産後1年経ってもまだ妊娠していないです。
みんなの妊活ボイス
流産後、十数回しましたができませんでしたよ。だから関係ないと思いますよ。
みんなの妊活ボイス
あまり関係ないと思います。妊娠しやすいというより、妊娠することが化学流産で証明されたから(妊娠しやすいと言われている)…じゃないでしょうか?

化学流産後の妊娠率は、正直言って高いとも低いとも断言できません。化学流産後、すぐに妊娠する人もいれば、すぐには妊娠せず時間が必要になる人もいます。無責任な言い方にはなってしまいますが、妊娠するときは妊娠しますし、妊娠しないときは妊娠しないのです。

「化学流産後は妊娠しやすい」と言われる理由や根拠

理由

化学流産後、すぐに妊娠する人もいれば、すぐには妊娠しない人もいる中、「化学流産後は妊娠しやすい」と言われているのはどうしてなのでしょうか?その理由や根拠をご紹介します。

妊娠の準備ができているという証拠だから

化学流産とは、受精卵が子宮内に着床したものの、何らかの理由で成長できずに流れてしまった状態を指します。結果的に流産になってしまったとはいえ、排卵・受精・着床ができたわけですから、妊娠の準備ができているという証拠になります。

化学流産によって、女性側も男性側も妊娠に問題がない状態だということが証明できたので、「化学流産後は妊娠しやすい」と言われるようになったのでしょう。

みんなの妊活ボイス
排卵→受精→着床ができただけで、妊娠しやすくなるわけではなく、妊娠する(着床する)体質だということがわかったに過ぎません。なので、不妊症ではなく妊娠できる(妊娠しやすい)体質なだけです。

流産後のケースと混同されているから

流産の種類には、大きく分けて自然流産と化学流産がありますが、この2種類の流産が混同されて「化学流産後は妊娠しやすい」と言われるケースがあります。

一般的に「流産後は妊娠しやすい」と言われますが、この場合の流産とは自然流産のことで、化学流産のことを指しているわけではないということです。

みんなの妊活ボイス
流産後は妊娠しやすいと言いますが、化学流産後は特別妊娠しやすくはならないと思います。
みんなの妊活ボイス
着床したあとの初期流産を経験した友達はすぐできたそうなので、化学流産ではなく初期流産のあとはできやすいのかもしれません。

妊娠しやすいのは化学流産後ではなく流産後

双葉 青空

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top