みんなの妊娠出産育児

妊娠出産育児を楽しむ総合情報ブログ

化学流産後は妊娠しやすい?すぐに妊娠した人はいる?化学流産後の妊娠率を徹底調査!

「化学流産後は妊娠しやすい」と言われているのは、どうやら流産後のケースと勘違いされている可能性が高いようです。

では、「流産後は妊娠しやすい」と言われている理由や根拠はどのようなところにあるのでしょうか?

子宮内の環境がリセットされるから

「流産後は妊娠しやすい」と言われる理由や根拠として、「子宮内の環境がリセットされる」ということが挙げられます。

通常、流産の処置には、子宮内に残っている胎児や胎盤などの内容物をきれいに取り除くソウハ手術が行われます。この処置によって子宮内の環境がリセットされるため、受精卵が着床しやすい状態になるようです。

以上のことから、「流産後は妊娠しやすい」と言われているわけですが、化学流産の場合は流産後の処置が必要ないので、生理後の状態と同じように扱われることになります。そのため、流産後の処置が必要な流産と比べて、とくに妊娠しやすいとは言えないのです。

みんなの妊活ボイス
流産後で妊娠しやすいというのは、ソウハ手術を受けた後のことだと思います。子宮内にいる菌もいないために精子が生きやすく妊娠しやすいそうです。化学流産はほとんど経過観察で済むので通常の生理と変わらず、妊娠しやすいとは限らないと思います。
みんなの妊活ボイス
通常、流産後は妊娠しやすいというのは本当のようです。ですが、化学流産は別だと思います。私は稽留流産したときに、産婦人科でソウハ手術を受けました。子宮内の亡くなった胎児を取り出し、子宮内をきれいにする手術です。そのときには医師に言われましたよ。子宮の中がきれいになったから、妊娠しやすいって。実際、流産後、一度生理が来た後にすぐ妊娠し、無事出産しました。これは子宮内に余分なものがなかったので着床しやすい状態になっていたからだったようです。

化学流産後に妊娠しやすいかどうかは個人差あり!

妊娠 妊婦

化学流産後すぐに妊娠した人や妊娠しなかった人の妊活ボイスをご紹介し、化学流産後の妊娠率を徹底調査しましたがいかがでしたか?「流産後は妊娠しやすい」と言われるのは、化学流産ではなく自然流産の場合に当てはまることだったようです。

化学流産後に妊娠しやすいかどうかは、やっぱり個人差があるもの。化学流産後の妊娠率は生理後の妊娠率と変わりないとされているため、とくに妊娠しやすいとは言えないでしょう。

ですが、化学流産によって排卵・受精・着床できるという事実が分かったので、希望をもって妊活を行っていけますね!焦らずゆったりと構えて、赤ちゃんがやって来てくれるのを待ちましょう。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top