Why?Why?Why?

アラフォーママが日々の暮らしの中で感じる疑問をブログにしています

妊娠検査薬のフライング検査で妊娠判明!検査は生理予定日の何日前?陰性から陽性になったのはいつから?

妊娠検査薬のフライング検査で妊娠判明!検査は生理予定日の何日前?陰性から陽性になったのはいつから?

妊娠を意識したことのある女性なら一度は使ったことがあると思われる妊娠検査薬。今の妊娠検査薬は99%以上の正確さで妊娠の可能性を判定できるとされているので、婦人科や産婦人科を受診する前に妊娠検査薬を使ってみるという人がほとんどなのではないでしょうか。

病院でも妊娠検査薬の判定結果はひとつの判断材料として考えられているようで、わたしが受診したときも問診票に妊娠検査薬が陽性だったか陰性だったかチェックする項目がありました。

わたしはこれまで何本も妊娠検査薬を使ってきましたが、3回の妊娠すべてが妊娠検査薬のフライング検査で判明。実際、わたしのように妊娠検査薬をフライングして使ってしまう人が多いようですね。

そこで今回は、妊娠検査薬のフライング検査がやめられない人に向けて、妊娠検査薬のフライング検査で妊娠が判明したときの話と、フライング検査のメリット・デメリットについてお伝えしたいと思います!

妊娠検査薬のフライング検査とは?

妊娠検査薬

そもそも妊娠検査薬のフライング検査とはどういうことなのかについて簡単な説明から。

妊娠検査薬には適正な検査時期というものがあります。その適正な検査時期を待たずに、何日前か早めに妊娠検査薬を使ってしまうのが俗に言うフライング検査です。

妊娠検査薬は、受精卵が着床すると分泌され始めるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンを感知すると反応するようになっています。一般的な妊娠検査薬は尿中のhCGが50IU/Lを超えると陽性反応が出る仕組みになっているのですが、確実に検査ができる50IU/Lに達する時期というのが生理予定日の1週間後から。

ですが、妊娠検査薬の陽性反応を早く確認したくて、適正な検査時期を迎える前にフライング検査をしてしまう人が多いのです。

妊娠検査薬のフライング検査がやめられない…!

悩む 女性 ショック

妊活中の人のなかには、妊娠検査薬が身近なアイテムになっているという人もいるのではないでしょうか。わたしも妊活中は妊娠検査薬が欠かせないものでしたし、妊娠検査薬のフライング検査は精神衛生上良くないと分かっていてもやめることができなかった一人です。

妊活から解放された今、どうして毎月何本もの妊娠検査薬を無駄にしながらもフライング検査がやめられなかったのか、後悔してしまうことがあります。妊娠検査薬は決して安いものではないので、一体いくらのお金をドブに捨ててしまったのか、かなりもったいないことをしていたな〜と思うのです。

ですが、妊娠のことばかり考えていた妊活中は、冷静に判断することが難しかったのでしょう。陽性反応が出るその日まで、妊娠検査薬のフライング検査をやめることができませんでした。

妊娠検査薬のフライング検査はデメリットだらけ!?

デメリット

先ほど、妊娠検査薬のフライング検査は精神衛生上良くないと言いましたが、実際にデメリットが多いものだと感じます。デメリットだらけと言っても過言ではないかもしれません。

妊娠検査薬のフライング検査には否定的な声が多いのも事実です。適正な検査時期に妊娠検査薬を使わなかったことで正しい結果が得られなかったり、結果に一喜一憂して精神的に不安定になったりなど、いろいろな面で良くないことのほうが多いからでしょう。

これは、生理予定日1週間後から検査できる一般的な妊娠検査薬だけに限ったことではありません。hCGが25IU/Lで反応し、生理予定日当日から検査できるタイプの早期妊娠検査薬も同じようにデメリットだらけだと言えます。

具体的にどのような面が良くないのか、妊娠検査薬のフライング検査のデメリットをまとめてみました。

早く陽性が分かっても早く妊娠が確定できるわけではない

病院 待合室

妊娠検査薬をフライングで使って早く陽性が分かっても、その分早く妊娠が確定できるかというとそうではありません。正常妊娠が確認できる時期が早まるわけではないので、フライング検査で陽性が出てすぐに病院に行ったとしても早すぎて確定診断ができないからです。

結局は生理予定日の1週間後よりも後にならないと病院で妊娠が確定できないので、病院に行くまでの間、正常に妊娠できているのかどうか不安に思う期間が長くなるだけ。ここで早まって病院に行ってしまうと、「また1週間後に来てください」などと言われてしまい、お金も時間も無駄に使うことになってしまうでしょう。

妊娠検査薬を適正な検査時期に使った場合でも、病院で妊娠が確定されるまでは結局待つことになります。ですが、フライング検査をした場合よりも初診までの期間は短くなるので、正常妊娠かどうか心配しながらやきもきする期間も短くなるはずです。

陽性反応後に化学流産になった場合ショックが大きい

悩む 女性 ショック

妊娠検査薬のフライング検査で陽性反応が出た場合でも、着床しかかったもののうまくいかずに化学流産になってしまうことがあります。たとえ短い時間でも妊娠の喜びを味わった後に生理が来てしまうのはショックが大きいですよね。

これはフライング検査をしていなかったら経験することのなかったショックなので、妊娠検査薬を適正な検査時期に使用しなかったデメリットと言えるでしょう。

関連記事

妊娠検査薬を無駄にする可能性がある

財布 お金 費用

妊娠検査薬をフライングして使うと、分泌されるhCGの量が少ないためにたとえ妊娠していたとしても正確な判定が出ない場合があります。そうなると、また日を改めて妊娠検査薬を使わなければならないことになり、妊娠検査薬を無駄にしてしまうことも。

妊娠検査薬は決して安いものではないので、何本も使ってしまうと相当な出費になります。とくに早期妊娠検査薬の場合は値段も高めなので、月にそう何本も使えませんよね。フライング検査をせずに適正な検査時期まで待つことができれば、妊娠検査薬を無駄にすることもないのです。

妊娠検査薬のフライング検査にメリットはある?

メリット

いろいろな面でデメリットが多い妊娠検査薬のフライング検査ですが、もちろんメリットも少なからずあります。妊娠検査薬のフライング検査は精神衛生上良くないと言っておきながら矛盾しているのですが、妊娠検査薬をフライングして使うことで精神的に落ち着ける場合もあるのです。

妊活中は、今回の妊活が成功したのかどうか気になって仕方がないもの。基礎体温が高温期に入ってからは、無事に妊娠できているのか寝ても覚めてもそればかり考えてしまい、自分の体や体調のちょっとした変化にも敏感になってしまいます。そんなときに妊娠超初期症状と呼ばれるような変化を感じると、「もしかして…?」と期待でいっぱいになり、一刻も早く結果が知りたくなってしまうのです。

生理予定日の何日前からかソワソワしだし、開封前の妊娠検査薬を横目に見ながら一日一日がとても長く感じられる日々。「今度こそ妊娠検査薬をフライング検査で無駄にしない!」と心に決めながらも早く使ってみたい気持ちがどんどん盛り上がっていきます。このときの心の状態は、精神衛生上良い状態とは言えないものです。

わたしの場合、いっぱいいっぱいになった気持ちを落ち着かせるためにも、「結果が陰性でもいいからとにかくこの状態から解放されたい!」と思ってしまい、妊娠検査薬をフライングで使ってしまっていました。

つまり、わたしにとって妊娠検査薬のフライング検査は、してもしなくても精神衛生上良くないという、矛盾極まりないものだったのです。

妊娠検査薬のフライング検査で妊娠判明!

妊娠検査薬 ドゥーテスト 陽性 妊活 終了線

この記事の冒頭でもお伝えしましたが、わたしは3回の妊娠すべて、妊娠検査薬のフライング検査で判明しています。これまで一度も妊娠検査薬を適正な検査時期に使っていないということですね…。

フライング検査は生理予定日の何日前から行っていたのか、また、陰性から陽性になったのはいつからか、についても簡単に触れておきたいと思います。

フライング検査は生理予定日の何日前?

カレンダー

わたしがフライング検査を始めていたのは、大体いつも生理予定日の当日くらいからでした。「生理予定日に生理が来ないということは…」という淡い期待を抱きながらのフライング検査でしたね。

もちろん、生理予定日が来る度に毎月フライング検査をしていたわけではなく、

  • 生理予定日になっても基礎体温が下がらずに高温期が継続している
  • 着床出血らしきものがあった
  • 下腹部痛など子宮のあたりに違和感がある

など、妊娠超初期症状と呼ばれるものがあったときにだけ妊娠検査薬をフライングして使っていました。

陰性から陽性になったのはいつから?

妊娠検査薬 陰性 陽性

妊娠検査薬をフライングして使っている人のなかには、高温期10日目前後から毎日フライング検査をして、陰性から陽性に変わる様子を記録する人もいます。

フライング検査がやめられないわたしも、さすがにそこまではしなかったですが、陰性から陽性に変わるタイミングについてネットで調べてみると、早い人では高温期9日目~10日目で陽性反応が出たという経験談も!

高温期9日目~10日目というと生理予定日の5日前にあたる時期になるので、もちろん目を凝らして見ないと分からないくらいのうっすらとした陽性反応ですが、妊娠検査薬の陽性は色の濃さに関係なくラインが現れた時点で陽性と判定されるので、薄くても陽性ということになるでしょう。

ですが、妊娠検査薬で陽性になった場合でも、それが正常妊娠なのかどうかは病院に行くまで分かりません。また、フライング検査なのでその後に化学流産になってしまう可能性もあります。病院に行って正常妊娠だという確定診断を受けるまで、そのような不安がずっと付きまとうので、妊娠検査薬のフライング検査は精神衛生上良くないというわけです。

妊娠検査薬のフライング検査が妊活のストレスにならないように

コウノトリ

今回は、妊娠検査薬のフライング検査について、メリットやデメリットなどをわたしの体験談も交えてお話ししてきました。

妊娠検査薬をフライングするかどうかは個人の自由ですし、フライングして検査した場合と適正な時期に検査した場合を比較してどちらの場合のストレスが大きく感じるかは人によって違います。なので、フライング検査はしないほうがいいとは一概には言えません。

ですが、フライング検査をしてしまうと、必ずと言っていいほどその後にまた妊娠検査薬を使って確認したくなってしまいます。陰性だった場合は「フライング検査だからhCGの量が少なくて陰性になってしまったのかも…」ということで再検査したくなりますし、陽性だった場合でも本当に妊娠しているのか確信を持ちたくて、ラインが日に日に濃くなっていくのを確かめたくなると思います。

このように妊娠検査薬のフライング検査は妊活のストレスになってしまうことは間違いありません。妊活中の人にとってストレスは大敵です。できるだけ心穏やかに赤ちゃんがやってくる日を待てればいいですね!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top